株式会社 大丈:ビルの諸設備の管理はお委せ下さい。

水の法律:株式会社大丈

「貯水槽の清掃」等についての「法規制」

①水道法(市水・町水)
A.「簡易専用水道」 (貯水槽水道のうち 有効10㎥を超える 受水槽)

1. 1年以内毎に1回、定期に貯水槽の清掃
2. 1年以内毎に1回、「厚生労働省登録検査機関」による検査
3. 「簡易専用水道台帳」の作成・届け出 (3部)
4. 「簡易専用水道管理日誌」 の 作成、記録

B.「貯水槽水道」 (有効10㎥ 以下の 受水槽)

1. 1年以内毎に1回、定期に「貯水槽の清掃」

2. 1年以内毎に1回、「厚生労働省登録検査機関」による検査

3. 「貯水槽水道台帳」の 作成・届け出

4. 「貯水槽管理日誌」の 作成、記録

(地域によって規制内容に多少の相違がある)
②ビル管理法(井水・市水・町水 すべて)

1. 特定用途 3000㎡を超える「特定建築物」は、1年以内毎に1回、定期に 「貯水槽の清掃」
2. 「特定建築物」に該当しない建物であっても、多数の者が使用しまたは利用する建物は
  上記「特定建築物」と同じように管理するように努めなければならない。
  (ビル管理法 第4条)
3. 飲料水以外の貯水槽(雑用水)においても、水道法の水質基準に適合させること
  → 具体的には、

① 給水に、遊離残留塩素が 0.1PPM 以上確保されていること
(遊離残留塩素 の 測定を7日以内毎に1回実施)
② 水質検査を実施すること
ph値
・臭気・外観 / 7日以内毎に1回 定期に大腸菌群
・濁度 / 2ヵ月以内毎に1回 定期に
(但し、水洗便所用の水においては、「濁度」 を 除外)

※ 上記は、両法規の一部を要約して記載しました。
詳細は、最寄りの保健所・水道局または当社の担当者までご照会下さい。
ページの先頭に戻る