ビル管理

ビルや施設には電気や給排水設備、空調機器、ボイラーなど多くの設備が備わっています。

建築物環境衛生管理技術者(通称ビル管理士)は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(建築物衛生法)に基づき、特定用途に利用される部分の面積が3,000㎡以上(学校等の場合は8,000㎡以上)の特定建築物を管理するため建築構造、設備、室内環境および衛生、給排水や清掃、廃棄物の処理といった、ビル管理に関する幅広い専門的知識を用い、安全かつ快適に維持管理していきます。

このような施設を安全かつ快適に維持するためには、これらの設備を適切に維持管理していかなければなりません。具体的な業務内容は、維持管理業務の計画・立案・実施。また空気環境や水質などの測定・検査・評価。問題があればその改善案の立案・実施などが挙げられます。

また、法定点検などの点検業務を行いながら異常や不具合がないかを確認し、必要に応じて修理、メンテナンス、更新工事をを行うことでビルのトラブルを未然に防ぎます。

あらゆる施設の清掃、維持管理、設備メンテナンス等お任せください。