貯水槽清掃

貯水槽とは水道水を貯蔵するタンクのことで、「受水槽」「高架水槽」「圧力水槽」に大別されます。
貯水槽の設置者は1年以内に1回、点検清掃などの維持管理をする必要があります。

弊社は、清掃の定期案内から清掃消毒作業、不良箇所の報告、水槽設備の補修まで、給水設備のメンテナンスに関するあらゆるサービスを一貫して行っています。

​1.事前打ち合わせ

事前打ち合せを行い、貯水槽のタイプ、所用時間、費用等に応じて、作業方法を決定していきます。

4.作業の実施

槽内を洗浄し、次亜塩素酸ナトリウム溶液を用いて消毒します。

2.現場調査

貯水槽本体からその周辺まで、安全面や衛生面を調査し、入念な準備を行います。

5.水質の検査

貯水槽を満水にした後、残留塩素の測定と給水栓の末端で水質検査を行います。

3.事前告知

断水をする場合は、作業時間をなるべく短縮します。その際には、入居者の方への事前通知をお願いしています。

6.清掃報告書の作成

清掃前後の写真、実施記録である作業報告書を提出して完了。
この作業報告書は管理責任者の方が、3年間保存が必要なものです。